シミやシワができてしまう原因

シミやシワができてしまう原因について

肌が衰えると年齢よりも老けて見られてしまいがち。肌はできるだけ美しい状態を保ちたいですよね。ここでは肌にシミやシワができてしまう原因を考えてみましょう。

 

肌は年齢とともに老化していきます。通常、肌は4週間をかけて新陳代謝し、新しい細胞へ入れ替わっていきます。老化が進むとこの周期が遅くなっていきます。それにより古い角質層が残りシミやシワになっていきます。

 

老化以外の原因として、外からの刺激で紫外線があげられます。肌に紫外線を浴びると肌内部でメラニンという色素を作り出します。

 

これはそもそも紫外線から肌を守るための自衛手段で作り出されるものなのですが、メラニンが多く作られ過ぎてしまうとそれが沈着してしまいシミの原因になってしまいます。

 

また、紫外線は活性酸素を増加させることで肌細胞の老化を早めてしまうほか、肌の奥の組織(真皮)まで入り込み肌の弾力性を保っているエラスチンを破壊してしまい、シワの原因になります。